クラス

【FF14】白魔道士-ジョブ-(Ver.5.0)

更新日:

白魔道士

初期ジョブの幻術士をLV30にして、ジョブクエストをクリアすると幻術士から白魔道士に変化します。

特徴としては他ヒーラーロールの学者や占星術士よりもヒールに特化したジョブです。

基本的な立ち回り

当然回復が優先となりますが、エアロやストーン等の攻撃魔法で戦闘を進める事も必要になります。

LV順に基本的な動きを掲載してみました。

ロールアクションは重要な順番に並べると、エスナ⇒ルーシッドドリーム⇒迅速魔⇒堅実魔⇒救出⇒リポーズにしています。

【LV1~15】

ケアルでメンバーを回復しつつ、余裕がある時はエアロを敵にばらまき、ストーンで攻撃します。

【LV16~30】

基本的な動きはLV15までと同じですが、LV30でケアルラを覚えます。

ケアルラは回復力が700と高いため、消費MPも多く連発するとMPが枯渇したり、ヘイト値が上がるので敵がこちら側に向きやすくなります。そのためケアルラは少なめにし、回復が追い付かないまたは緊急時に使うようにします。

【LV31~50】

この辺りからちょっとづつやる事が増えていきます。

LV35でリジェネを覚えます。このスキルは徐々にHPを回復していくスキルです。

戦闘開始後、MTに使用するのが通常ですが、他にも敵が全体攻撃使用後にメンバーに配り、継続回復で回復の負担を減らします。

LV50ではメディカラを覚えます。このスキルは全体回復に加え、リジェネよりは回復量が劣りますが、継続回復も付与するのでボス戦ではよく使用するスキルです。

メディカラはリジェネと共存可能です。

【LV51~60】

このLV帯でアサイラム、ハートオブソラス、アサイズ、テトラグラマトンを覚え、白魔道士の基本の形は出来ます。


ハート・オブ・ソラス:詠唱時間無しのケアルラです。使用するにはヒーリングリリー1個が必要になります。


アサイラム:設置型のスキルで設置すると地面にドームが生成されます。このドームの中に入っていると、HPが継続回復します。

アサイズ

テトラグラマトン:回復量はケアルラと同じですが、こちらは即時発動のスキルになっています。

【LV61~70】

ディヴァインベニゾン:回復力500分のダメージを無効化するスキルです。戦闘直後に使用します。


インドゥルゲンティア:このスキルを使用すると、メディカ、ケアルガ、メディカラ、ハート・オブ・ラプチャーの回復力に+200し回復します。

LV76までの立ち回りまとめ

  • 戦闘開始後、MTがヘイトスキルをばら撒いたらディヴァインベニゾン→リジェネ→アサイラムをMTに使用。
  • 回復魔法でHPを回復しつつエアロやストーン、ホーリーで援護する。
  • ケアル、ケアルラでも回復が間に合わない、MTのHP減りが場合はハートオブソラス、テトラグラマトンを使う。

僕の場合ヒーリングリリーが3つ以上溜まっている時は先にハートオブソラスを1回使っています。

基本的な動きは上記ですが、ヒーラーは臨機応変にスキルを使うので、実戦経験を積みましょう。

 

-クラス

Copyright© YouchannelFF14ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.